WordPressの性能を計測してみた まとめ 編

WordPress を使用するサーバーを選定するのに、GTmetrix と PageSpeed Insights で性能を計測したのでそのメモ。

今回の記事は、前回までに計測した、お名前.com の SD-11、WPCloud、XSERVER の WPXクラウド、WPXレンタルサーバーのまとめ編です。

測定結果まとめ

計測条件

WordPress:4.1.1、プラグインは全て無効
WordPressテーマ①:Stinger5 ver20141227
WordPressテーマ②:Simplicity 1.6.0
計測対象:WordPressをインストールした素の状態のトップページ

キャッシュ mod_pagespeed
SD-11 (設定なし) (設定なし)
GMO WPCloud 有効 (設定なし)
WPXクラウド (設定なし) 有効
WPXレンタルサーバー 有効 有効

課金

月額固定 従量 ドメイン
SD-11 980円 なし
GMO WPCloud 900円 100円/1,000訪問
WPXクラウド 500円 なし 1ドメインのみ
WPXレンタルサーバー 1,000円 なし

計測結果

Stinger5

GTmetrix PageSpeed Insights
PageSpeed YSlow time 最初の
レスポンス
モバイル パソコン
SD-11 83% B 73% C 2.64s 589ms 65 81
GMO WPCloud 87% B 78% C 3.42s 220ms 66 87
WPXクラウド 83% B 73% C 2.50s 416ms 66 82
WPXレンタルサーバー 86% B 77% C 2.87s 483ms 69 87

Simplicity

GTmetrix PageSpeed Insights
PageSpeed YSlow time 最初の
レスポンス
モバイル パソコン
SD-11 48% F 75% C 1.47s 680ms 61 74
GMO WPCloud 87% B 78% C 1.60s 222ms 74 88
WPXクラウド 59% E 81% B 2.35s 323ms 62 77
WPXレンタルサーバー 60% D 81% B 2.15s 336ms 66 80

感想

最初のレスポンスに注目するとサーバーごとに違いが見えてきました。
SD-11もなかなか検討している印象です。
WPXクラウド・レンタルサーバーは独自の高速化システムを謳っているだけあって、結構高速に処理しています。
それ以上に、GMO WPCloud は超高速フラッシュストレージを謳っているだけあって、高速に処理しており他のサーバと較べてもかなり良いレスポンスとなっています。

正直サーバーの性能差異をナメてました。
ネットワークの通信時間を遅延を考えると、サーバー性能はそれほど大きな影響は無いと思っていたのですが、結果を見ると GTmetrix の PageSpeed の評価はサーバーの性能に比例するかのように大きく違っていました。SD-11がF評価なのにWPCloudはB評価ですからね。
この点を認識できたのは、計測してみて良かったと思っています。

性能だけを見ると、GMO WPCloud を借りたい衝動に駆られます。
が、月額基本料だけを見ると他と価格の差異はあまり無いのですが、アクセス量による従量課金があるため、仮に記事を見てくれる方が増えれば増えるほど、お財布の中身が減ることに。。。

で、結局、何借りるの?

GMO WPCloud は従量課金が怖いので、選択肢から外しました。(従量課金がなければ、基本料が倍になってもこれに決定したと思います。)
SD-11 はWordPressの管理画面の操作がモッサリしていて、今回のテスト実施程度の操作でもストレスを感じたので、落第。

あと、WordPressとは無関係ですが、現状メール運用のためにSD-11を借りていました。
WPXクラウドではメールサーバ機能は付いていません。
SD-11 + WPXクラウド とするより、WPXレンタルサーバー 一本に纏めた方が、合計の支払額が抑えられるので、WPXレンタルサーバーにしました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする