FileETag none の設定

FileETag none の設定を行ったら、PageSpeed Insights のスコアが悪化しちゃったのでメモ

以下の記事にセキュリティ上の理由から「ETag自体を出力しない」ことが記載されていました。
http://blog.suz-lab.com/2011/01/fileetag-noneetagapache.html

HTTPレスポンスのETagにinode情報が含まれているとよくないという
セキュリティのチェックポイントがあります。

じゃあ、ということで私が使用しているWPXレンタルサーバーでも設定してみたのですが。。。

PageSpeed Insightsのスコアが悪化してしまいました。

WPXレンタルサーバーの設定は、キャッシュ:有効、mod_pagespeed:有効 にしています。

この設定との相性が悪いのか、別の原因なのかは不明ですが、このことを忘れてしまわないようにメモしておきます。

「ETag自体を出力しない」の対応として行った .htaccessファイル の設定も合わせてメモ。

FileETag none 設定

設定前後の PageSpeed Insights スコア

モバイル パソコン 「ブラウザのキャッシュを活用する」の指摘
FileETag none 設定なし 65 80 修正を考慮
FileETag none 設定あり 57 67 修正が必要

「ブラウザのキャッシュを活用する」の指摘項目が「考慮」→「必要」に悪化しました。

FileETag none 設定なしの PageSpeed Insights スコア詳細

FileETag_none_設定なし_モバイル

FileETag_none_設定なし_パソコン

FileETag none 設定ありの PageSpeed Insights スコア詳細

FileETag_none_設定あり_モバイル

FileETag_none_設定あり_パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする