wpX でも mod_deflate が使えるようになりました。

いままで、wpX では .htaccess ファイルの設定で、コンテンツ圧縮の mod_deflate が使用出来ませんでしたが、やっと使用できるようになりました。

wpX の仕様変更

今日、XSERVER社から以下のメールが届きました。

■当サービスの仕様変更により制限が緩和・解除される項目

・「php.ini設定」機能において、編集可能な項目に
「max_file_uploads」(同時にアップロードできるファイルの最大数)を
追加しました。

・これまで当サービス一律に制限を設けていた以下のPHP関数について、
お客様にて制限の有効/無効の切り替えが可能になりました。

dl, backtick_operator, shell_exec, exec, system, passthru,
popen, proc_open, pcntl_exec, phpinfo, fsockopen, pfsockopen,
stream_socket_client

・「.htaccess」ファイルにおける以下のディレクティブに対する制限を
解除しました。

AddType, DefaultType, ForceType, AddOutputFilterByType,
AddOutputFilter, SetOutputFilter, AddInputFilter, SetInputFilter

これによると、AddOutputFilterByType も使えるようです。

動作確認

早速、以下の内容を .htaccess ファイルに設定し、キャッシュ設定と mod_pagespeed を OFF にして動作を確認しました。

動作の確認は、GIDZipTest にて行い、問題なく圧縮されていることが確認できました。

20150730-1

また一歩、使いやすいレンタルサーバーになりました。
先日のSSD化につづいて、XSERVER社さんには感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする